コンセプト>茶凡屋の乳液洗顔法

今日からはじめる「茶凡屋の乳液洗顔法」

ポイントは3つ


1.準備のひと手間

アイメイクはオイルで こじんまり落とす

ポイントメイク落とし
アイメイク(マスカラ、アイライナーなど)をまず落とします。
植物性オイル(おすすめはサボンヤオイル)などをコットンにとり、約1分おいてから、やさしく拭き取ります。
目の際は綿棒にしみこませて取ります。なるべく汚れを肌に広げず落としましょう。


蒸しタオル、スチーム 肌をほぐし毛穴を開けさせる為に、1分間くらい蒸しタオル をあてる、
またはバスタイムに洗顔します。 スチーマーをあてるのもgood。

2.石けんのとかしかた 

石けんをたっぷりとかす

両手と石けんをぬるま湯で十分濡らし、手のひらで溶かします。
小さな泡が立ちますが、さらに溶かします。

石鹸溶かし方1 まだ もう少し溶かしましょう。

石鹸溶かし方2 白っぽい乳液状になれはOKです。


さらにぬるま湯を片方の手ですくい取って足し、 白い乳液状になるまで溶かします。
石けんを溶かす量はメイクの量に応じて加減してください。
※化粧品によっては落ちにくい場合がございます。

3.洗い方

額からはじめて 頬は特に力をぬくこと。 

皮脂分泌の多いTゾーン(額、鼻) から、洗い始めます。
汚れやファンデーションなどと丁寧 になじませていきます。
小鼻横は洗い残しがち。指のはらで くるくるとなじませます。
皮脂分泌が少なく、乾燥しやすい頬、 口元は軽めに。

4. すすぎのひと手間

シャワーには気をつけて

温度が大事 32~34℃くらいの水温で洗うのが良いとされています。
通常のシャワーの温度は40℃前後。この温度では皮脂を 取りすぎ、 
お肌がかさつく原因となります。 逆に低すぎると汚れが十分落ちないことも。
すすぎは十分に ぬるま湯をあてるようにすすぎます。 20回以上を目安に。
髪の生え際、あごから首筋にかけては石けんが 残りやすいのでご注意ください。

5.仕上げ 

仕上げが肝心

清潔なタオルでそっと押さえるように拭いてください。
化粧水や乳液などは、肌の調子を見てお使いください 。

Savonya Beauty Project